お見合い物語|結婚相談所・結婚相手紹介のセレナーデ目白(東京)。希望条件に沿って結婚相手を紹介します。

ホーム≫男性に接する時女性がとるべきスタンス

セレナーデ目白レディースバージョン

目白エリートブログ

成婚された会員様の赤裸々体験談〜男性編〜

成婚された会員様の赤裸々体験談〜女性編〜

カウンセラーブログ

お見合い物語
男性に接する時女性がとるべきスタンス


結婚を意識したお二人が初対面するお見合いは日常の出会いと違い、とても意識が過剰になります。自分を良く見せようと殊更身構えてしまう場合が多いようです。そして、それと同時にお相手の事も必要以上に観察してしまいがちです。つまり、お互いに新人の面接試験をやり合っているような妙な空気になりかねません。そんな時にどういう視点でお相手を見るかで展開が大きく変わります。一度、ご自分の発想の軸を見つめ直してみましょう。

部下を育てる良い上司、子供のやる気を引き出す良い先生はどんな先生でしょうか。
そうです、欠点を見つけて叱っているよりも、長所を見つけて褒めている方が人は伸びますね。1回目のお見合いではなかなかその方の自然な人柄は見えないものです。その最初のお見合いの段階で欠点探しの観察をしてしまうと、お相手は萎縮してしまい本来の人柄が見えなくなります。それでは未来の結婚パートナーの芽を摘んでしまいかねません。

初対面で緊張しやすいのは、実は女性よりも男性の方です。例えば幼児を見てみると、お人形さんに話しかけるのは決まって女の子で、男の子はそういう行動はとりません。又、初めて幼児教室でお母さんの膝にしがみついて離れようとしないのも決まって男の子です。
ですから、お見合いで女性が観察の目を光らせると男性は緊張してしまいます。

男性の方が緊張しやすいというのは意外かもしれませんがこれは本当です。それを知ったなら女性の取るべきスタンスも見えてきます。そうです。良き上司、良き教師を思い出してみましょう。お相手の欠点ではなく長所を探してみましょう。減点方から加点方に切り替えるのです。きっと、お見合いの時間が楽しくなる事でしょう。

関連トピックス

セレナーデ目白の特徴

                     カウンセラーブログ

上記のバナーをクリックしますとセレナーデ目白の他のサイトへ別画面で移動します

▲ページトップに戻る

結婚相談所 (株)セレナーデ ●業務内容 代表取締役 星名久夫 結婚紹介、お見合い、婚活のサポート、パーティの開催
●営業店 東京都豊島区目白3−3−1−6F ●本社 東京都新宿区下落合3−15−23 рO3−3953−8086(火曜定休)
●アクセス JR山手線目白駅前30秒  (池袋より3分。新宿より7分。渋谷より15分。銀座より30分。青山、表参道より30分)