お見合い物語|結婚相談所・結婚相手紹介のセレナーデ目白(東京)。希望条件に沿って結婚相手を紹介します。

ホーム≫お見合いの時の意志表示

セレナーデ目白レディースバージョン

目白エリートブログ

成婚された会員様の赤裸々体験談〜男性編〜

成婚された会員様の赤裸々体験談〜女性編〜

カウンセラーブログ

お見合い物語
お見合いの時の意思表示


日頃、日本人は、思い、気持ちをあまり言葉に出して表現しません。それは、日本人の美徳でもあり、無用なトラブルを避ける為の術でもあります。確かに、マイナス感情、思いは言葉に出さない方が無難でしょう。しかし、少しでもプラスのイメージ、良い感情を抱いたのならば、それは素直に言葉に出して伝えましょう。

そもそも日本語の言語の成り立ち、意志表示の方法が世界的にみるとかなり特別であることを考えてみましょう。例えば、日常でよく交わされる会話で「いいです」という言葉がありますが、これは、「要らない」という否定の意味にも使われますし、「それでいいです」という肯定の意味にも使われます。友人同士でも曖昧で、聞き返さないと理解出来ない場合が多いです。

もう一つ日本人の特殊な意思表示として、会話を交わしていて、黙る、何も言わないという表現があります。これは世界的には「反論がない」「承認」を意味しますが、日本では黙る、何も言わないという事は「気に入らない」「否定」の意志表明になります。

更に、日本のコミュニケーションの奥義として、以心伝心、阿吽の呼吸というのがあります。これは、当然外国人には日本語を勉強した人であっても通じないでしょうし、日本人同士であっても余程の特別な関係でないと伝わりません。

お見合い相手は意志が伝わりにくい外国人と思いましょう。そして、コミュニケーョンの方法としてお相手に対する良い思い、気持ち、感情は必ず言葉に出して分かりやすく伝えましょう。心の中ではプラスの良い思いを抱いていても必要以上におとなしくしている、黙っているという事はお相手にはマイナスの印象に伝わってしまいます。プラスの気持ちは積極的に言葉、態度に表しましょう。

関連トピックス

セレナーデ目白の特徴

                     カウンセラーブログ

上記のバナーをクリックしますとセレナーデ目白の他のサイトへ別画面で移動します

▲ページトップに戻る

結婚相談所 (株)セレナーデ ●業務内容 代表取締役 星名久夫 結婚紹介、お見合い、婚活のサポート、パーティの開催
●営業店 東京都豊島区目白3−3−1−6F ●本社 東京都新宿区下落合3−15−23 рO3−3953−8086(火曜定休)
●アクセス JR山手線目白駅前30秒  (池袋より3分。新宿より7分。渋谷より15分。銀座より30分。青山、表参道より30分)