お見合い物語|結婚相談所・結婚相手紹介のセレナーデ目白(東京)。希望条件に沿って結婚相手を紹介します。

ホーム≫デートで素を出す

セレナーデ目白レディースバージョン

目白エリートブログ

成婚された会員様の赤裸々体験談〜男性編〜

成婚された会員様の赤裸々体験談〜女性編〜

カウンセラーブログ

お見合い物語
デートで素を出す


最初のお見合いは誰でもとても緊張します。
何回かお見合いをすると多少は慣れてきますが、初めて会う方ですからやはり緊張する事には変わりません。

多くの方は、お見合い、交際の礼儀作法、又は、婚活必勝法なるものを目にしているのではないかと思います。仕事上の付き合い、いわゆる取引はマニュアルを忠実に守っていれば合格ラインに達するでしょう。しかし、結婚相談所での出会い、お見合いはそうは行きません。お見合い、交際は、今後、生涯を共にする結婚相手を選ぶ行為です。24時間一緒に生活をするお相手を選ぶ貴重な機会です。礼儀を守っているだけでは「とても良い方なのですが・・」で、終わってしまい前に進みません。では、どんな事が必要か?それは、素を出す事です。

勿論、素を出すという事は計算したり、考えたりして行う事ではありません。しかし、難しい事ではありません。本心に素直になれば良いだけのことです。
一例を挙げますので参考にしてください。

例1、とても遠方の地方都市在住の女性が上京してお見合いをした。旅の疲れと、慣れないホテルの宿泊と、お見合いの緊張が重なりとても硬いお見合いとなった。しかし、女性は自分の疲れを隠さず、適当な時間で自らお見合いを終了させた。次に、男性が女性の故郷を飛行機で訪問した時に、空港に出迎えた女性は、表情は生き生きとして、ファッションもメイクも別人のように変身していて、彼のハートを掴んだ。

 例2、お見合いから交際に入り3回目のデート。お店に入り二人で食事をしている時に、もう少しで食べ終える頃女性は「良かったらこれ食べてみませんか?私はそれを食べてみたいわ」と 料理の交換を申し出た。申し出るというより、仕切ったという感じだった。その時男性は女性を、付き合い易い(気を使わなくてよい)女性と好感を持ち、結婚後の楽しそうな夕食の風景が目に浮かんだ。

―例1と例2は別のカップルです―
さりげなく、自然に、本来の自分を出してみましょう。

関連トピックス

セレナーデ目白の特徴

                     カウンセラーブログ

上記のバナーをクリックしますとセレナーデ目白の他のサイトへ別画面で移動します

▲ページトップに戻る

結婚相談所 (株)セレナーデ ●業務内容 代表取締役 星名久夫 結婚紹介、お見合い、婚活のサポート、パーティの開催
●営業店 東京都豊島区目白3−3−1−6F ●本社 東京都新宿区下落合3−15−23 рO3−3953−8086(火曜定休)
●アクセス JR山手線目白駅前30秒  (池袋より3分。新宿より7分。渋谷より15分。銀座より30分。青山、表参道より30分)