お見合い物語|結婚相談所・結婚相手紹介のセレナーデ目白(東京)。希望条件に沿って結婚相手を紹介します。

ホーム≫成婚に向けて、小さな努力がもたらすものは?

セレナーデ目白レディースバージョン

目白エリートブログ

成婚された会員様の赤裸々体験談〜男性編〜

成婚された会員様の赤裸々体験談〜女性編〜

カウンセラーブログ

お見合い物語
成婚に向けて、小さな努力がもたらすものは?


Aさん(女性)とHさん(男性)はお見合いの後、すぐに交際に入り、数週続けて日曜日を一緒に過ごしていました。
その後、Hさんは仕事の関係で休日がふさがり、1ヶ月間会う事が出来なくなりました。

Aさんは事情を理解していましたが、不安を感じて結婚への気持ちを彼に尋ねました。Hさんは前向きではありましたが、結論にはもう少し時間が欲しいと感じていました。しかし、曖昧にする訳にもいかず、結婚の意思がある事を伝えました。すると、Aさんは「1ヶ月間会えないのなら毎日電話が欲しい」と言いました。まだ知り合って1ヶ月余りで、さほど共通の話題もありませんでしたが、Hさんは毎日電話をしました。短い電話でしたが、会話の内容ではなく電話をかける事、電話をもらう事に価値があったようです。

実は、AさんはHさんと交際した時期と前後して、別の男性(Sさん、Kさん)ともお見合いをする予定でした。結局、Sさんとは2回会いましたが、その後の交際はお断わりしました。Kさんは条件が良かったので、Aさんはかなり興味を抱いていました。しかし、Kさんの仕事の関係で、お見合いが組めずにいました。

その間に、AさんはHさんと何回も会って、親しくなっていきました。そんな時、仕事が一段落したKさんから再度、お見合いの申し込みがありました。しかし、以前にHさんの意思を確認して、Hさんから電話を毎日受けていたAさんは、Kさんの申し込みをお断りしました。

世間でも複数の方を迷い、天秤にかけてしまうことはあるでしょう。それがこの結婚相談所の紹介システムの中では、短期間に豊富な情報を得ながら自由に結婚相手の選択が行えます。ですからライバルは常に存在しますし、人の心は常に揺れ動いています。正式にご成婚(ご婚約)するまではお二人の関係はガラス細工のように危ういのです。

HさんはAさんに他の候補が存在する事は知りませんでした。もし彼が結婚に対する気持ちを伝えていなかったのなら、もし毎日の電話をサボったりしていたのなら、もし彼女に対する気持ちが揺らいでいたのなら、お二人のご成婚はありませんでした。

現在、AさんとHさんは幸せな新婚生活を送っています。成婚という結果は決して成り行きで得られるものではありません。しっかりとした結婚への目的意識と、目的を達成するための小さな努力によってもたらされるものなのです。

 

関連トピックス

セレナーデ目白の特徴

                     カウンセラーブログ

上記のバナーをクリックしますとセレナーデ目白の他のサイトへ別画面で移動します

▲ページトップに戻る

結婚相談所 (株)セレナーデ ●業務内容 代表取締役 星名久夫 結婚紹介、お見合い、婚活のサポート、パーティの開催
●営業店 東京都豊島区目白3−3−1−6F ●本社 東京都新宿区下落合3−15−23 рO3−3953−8086(火曜定休)
●アクセス JR山手線目白駅前30秒  (池袋より3分。新宿より7分。渋谷より15分。銀座より30分。青山、表参道より30分)